犬を飼うと年間で15万から20万程度の費用が発生します。

MENU

犬を飼うときの心得を理解しよう

 

飼い主と遊ぶ犬

 

犬は人間にとって最も近しいパートナーだと言われています。

名前を呼んだら走り寄って来てしっぽを振る姿は、愛くるしさの塊です。

かわいい仔犬が近くに居たら癒されるでしょう。

犬と一緒に散歩するのが夢だという人も少なくありません。

それぐらい人間にとって犬は身近で親しみやすい存在になっています。

 

 

 

もし、あなたがこれから犬を飼いたいと思っているのなら、様々な準備心構えが必要となります。
ペットは1つの命を持っています。
気まぐれで世話を放棄したり、捨ててしまったりするのは無責任なのです。
犬を最後まで見届ける覚悟を持ってから飼い始めなければ、飼い主も愛犬も不幸になるでしょう。

 

犬を飼う時の心構えとして、一番大切なのはなぜ飼うのかです。

犬を抱っこする飼い主

かわいいから、散歩したいから、癒されたいから、いろいろな理由があると思います。
真剣に考えなければいけないのは、今の気持ちがずっと続くかどうかです。

 

仔犬が成犬になった時に、かわいくないから世話をしないという気持ちになるようではダメです。
流行っているから、芸能人が飼っているから、というような浮ついた動機も危険です。
1つの命を責任もって守る決意を心構えとして持っておきましょう。

 

犬のしつけのポイント

 

 

犬の生活スペース

 

実際に犬を飼う決意をしたら、まずはどこで生活するかを決めるのが良いです。
昔は屋外の犬小屋で飼うのが一般的でした。
元々、空き巣や泥棒を追い払う番犬としての役割があったので外で飼っていたのです。

 

しかし、現代では室内飼いも多くなっており、犬と一緒に居る時間を大切にするケースも増えています。屋外屋内、それぞれにメリットデメリットがありますので、しっかりと計画を立てましょう。

 

犬小屋で寝る犬

 

犬のハウス

最初に準備するのは犬のハウスです。
屋外であれば犬小屋を用意するのが良いでしょう。
室内なら柵を作ったり、寝床を作ってあげたりすると良いです。
犬種によっていろいろなサイズの犬小屋やベッドがあるので、飼う犬に合わせたものを選んでください。

 

エサ皿

次にエサ皿水飲み器を準備します。
仔犬の時はお皿をひっくり返してしまうことが多々あるので、底が平べったいものを買うと良いでしょう。
ステンレスや陶器の物がおすすめです。

 

トイレ

そして欠かせない物がトイレになります。
仔犬が成長した後も使えるように、最初から大きめのサイズを探してみてください。
また、トイレを置く場所も考えておきましょう。
リビングにあると臭いが強烈で、部屋に獣臭さが染みついてしまいます。
人通りが多かったり寒かったりする場所だと犬にストレスを与えてしまうのです。
安心して排泄が出来る環境を作ってあげましょう。

 

首輪・リード

それから首輪リードも用意しておくのも良いです。
外へ散歩へ行くには首輪とリードが必須になります。
リードが絡まないタイプのものを買っておくと散歩を楽しく行えるでしょう。

 

 

必要な予算

 

こうした犬を飼う環境を整えるのに、平均して3万円程度の予算が必要です。
ここに毎月のエサ代8000円から15000円が発生します。
ワクチン接種等も必要なので、年間で15万から20万ぐらいの費用を用意しなければなりません。
経済状況を見て、貯蓄を残しておくようにしましょう。

 

また、エサについてですがエサは節約のためと言って安物を選ぶのは良くありません。
極端な話、質の悪いエサで健康に悪い影響が出てしまいかえって病院代がかかってしまう場合もあります。
犬の健康を考えるのであれば多少高くてもきちんと健康に配慮したものを選ぶようにしましょう。
ドッグフードランキングなどを参考に選ぶのがベストです。

 

後は、犬をどこで手に入れるかがポイントになります。
ペットショップで飼う場合は、犬種によって数万から数十万まで金額が異なるでしょう。
しかし、仔犬の里親募集で受け取ったり、保健所で殺処分の仔犬を保護する方法であれば予算はゼロです。

仔犬の命を救うためにも、様々な選択肢を視野に入れて置くのが大切です。

 

意思が固まったら…

これらの条件を満たし、犬を最後まで見届ける意志が固まったら犬を飼い始めましょう。
身近に犬が居るのは心の支えであり癒しとなります。
新しい家族が増えたことは人生にとって大きな意味をもたらすでしょう。

 

だからこそ、大切に育てなくてはいけないのです。
素敵な愛犬家となり、犬を飼う人のお手本になれるように全力を尽くしてください。

 

犬はとても賢い動物です。
愛情を持って接してくれる人には、心を開いて寄り添ってくれます。
愛犬との生活を心行くまで楽しんでください。

 

犬と家族