SNSなどでも里親を募集している人が多くいるので、検索してみましょう。

MENU

犬との出会いの場は?ペットショップ以外で出会う方法

 

愛犬と出会うきっかけはそこら中に転がっています。
ペットショップで買うのも1つの手段ですが、世界的に見ればこれは異様な光景です。
ガラスケースに入れられて売られるのはペットを物扱いしているため、非道だとされているのです。

 

それよりも、大量の犬が殺処分されている現実に目を向けるべきだという声があります。
失われる命を救えるのなら、救うに越したことはないのです。

 

さて、犬との出会いの場は様々ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ペットショップ以外で出会う方法をいくつか紹介したいと思います。

 

里親になる

動物愛護団体から譲り受ける方法は、飼い主の居ない犬に幸せを与えることができます。
無料で引き取れますし、命を救うことにも繋がるでしょう。

 

ただし、引き取る犬は成犬が多く心にトラウマを抱えている場合もあります。
犬が狂暴で捨てられたケースもあるため、引き取るには相応の覚悟が必要となります。

 

里親と犬

保健所から引き取る方法も有効です。
こちらは仔犬も多く、定期的に譲渡会が開催されているケースが一般的です。
里親募集の情報が出ていないか、住んでいる地域の保健所を調べてみると良いでしょう。

 

雑種がほとんどですが、健康には問題ありませんし無料で引き取れます。
引き取られなかった仔犬は殺処分になるので、出来る限り救ってあげるのが最善です。

 

譲渡会の参加・知人から引き取り

ちなみに、保健所以外にも動物を守る団体が譲渡会を開催している場合もあります。
こちらも無料で引き取れますが、定期的に写真を送るのが義務付けられていたり、健康状態を見せたりするなどの制約が付くことも少なくありません。

 

知人の家で産まれた仔犬を引き取るのも選択肢の1つです。
飼いきれない仔犬はやはり保健所に行ってしまいます。
知人で無くても、SNSで里親を募集している人は多いので検索してみるのもありです。

 

このようにペットショップで買う以外にも犬との出会いの場はあるのです。
大金を出して血統書の犬を買うのも悪いことではありません。
ですが、もしこだわりが無いのであれば、消えてしまう命を救う手段を考えてみてください。

 

犬種にこだわりがある方はこちらもチェック!
犬種による特性の違い