病気予防や特選という言葉に騙されないことも大切です。

MENU

ドッグフードの選び方~安全なドッグフードの見分け方~

ドッグフード

 

愛犬にはなるべく美味しい物を食べさせてあげたいです。
つい人間の食べ物を与えてしまいがちですが、犬の健康を考えるならドッグフードが最適です。
犬に必要な栄養素がバランス良く含まれていますし、食欲が減った際にすぐに気付けます。

 

しかし、スーパーやペットショップへ行くと膨大な種類のドッグフードが売られています。
中には粗悪品が紛れており、危険なドッグフードも存在しています。
安全なドッグフードを見分ける方法を知っておき、美味しくて健康的なものを与えるようにしましょう。

 

原材料は要チェック!

最初に見るべきポイントはドッグフードの原材料です。
値段が安いからと言って適当な物を買ってはいけません。

 

添加物が多く含まれていると、犬が健康を害するきっかけになるかもしれないのです。
天然素材を使用しており、添加物を使用していない方が健康には良いでしょう。

 

ただし、値段も高くなってしまうので経済状況を見て判断してください。
迷った場合は動物病院の先生やペットショップの店員に聞いてみるのも良いです。

 

ドライタイプがおすすめ

ドッグフードはドライの物を選ぶと良いでしょう。
時と場合にもよりますが、ドライの方が長期保存が可能なので保存料や防腐剤が少なめになっています。
さらにウェットタイプのドッグフードだと水分が多く含まれているため、腐りやすい性質を持っているのです。

 

大量の防腐剤が入ったドッグフードは、アレルギー症状を引き起こす可能性があるので注意です。

 

大げさな表記に注意

怪しいドッグフードの特徴として、特定の病気を予防するというものがあります。
医薬品医療機器等法では、こうした病気を予防する表現を禁止しています。
ドッグフードでもそれは同じなので、似たような表現を見かけたら買わない方が無難です。
そもそもドッグフードだけで病気が予防出来るのであれば、誰も苦労はしないのです。

 

特選スペシャルという表記も内容を確認しなければいけません。
何を基準にそのような言い回しをしているのかが不明だからです。
購入者に誤解を与えるような表記をしているものは、粗悪品のリスクが高まるでしょう。

 

ドッグフードは愛犬の命綱です。
元気で立派な成犬に成長出来るかは、ドッグフードの栄養素に掛かっています。
安さなどの安易な理由で選ばず、愛犬に最善のドッグフードを探してあげましょう。