室内で飼うならトイレを準備しておき、その場所で用を足すようにしつけます。

MENU

飼う前に準備しておくものリスト

 

愛犬を飼うことに決めたのなら、それはもう毎日が幸せな気持ちでいっぱいになります。
一緒に遊んだり、一緒に眠ったり、愛犬と暮らす楽しい日々に想いを馳せることでしょう。

 

家族が増える幸せは人生において特別な意味を持ちます。
そんな大切な家族を迎えるためにも、愛犬のために準備するものリストを用意しなければなりません。

 

愛犬を家に招いてから、いろいろな物が足りなくて慌てるのは飼い主として失格です。
飼う前から何が必要かをチェックするのが大切なのです。

 

室内飼いならトイレは必須

トイレをする犬

室内で飼うなら愛犬のためにトイレを準備しておきましょう。
生きている以上、トイレに行かないで過ごすことは不可能です。
リラックスできる環境を作ってあげるのは飼い主の責任なので、しっかりと準備しておいてください。

 

ちなみに、暗い場所や狭すぎる場所はリラックス出来ないので避けましょう。
廊下などの人通りが多い場所にトイレを置くのもストレスになるので注意です。

 

ご飯とお水のお皿

愛犬との楽しいコミュニケーションになるのが食事です。
ご飯を入れるお皿、お水を入れるお皿を事前に準備しておきましょう。
同じ食器で揃えるのも良いですし、飼い主とお揃いにしてみるのも愛着が湧きます。

 

地面に密着する台形型のお皿であれば、愛犬が飛びついても中身がこぼれないのでおすすめです。
仔犬の頃は小さいお皿、成長したら大きなお皿に買い替えるのも考慮しておくと良いです。

 

愛犬を運ぶゲージ

屋外、室内問わず、愛犬を運ぶ用のゲージを購入しておきましょう。
どこにも連れて行く予定が無いと思うかもしれませんが、実は病院へ連れて行く際にとても役立つのです。
自動車で移動するならゲージがある方が良いです。

 

室内に置いてベッドの代わりにしておくのも有効です。
お気に入りのクッションや毛布を入れて置き、安心出来る場所だと思わせておくのが大切です。
予防注射などで嫌な思いをすると、愛犬は動物病院から逃げようとします。
ゲージに入れて素早く運べるようにしておく方が無難なのです。