フローリングの部屋で愛犬を飼う場合は、骨折や関節への負担に注意する必要があります。

MENU

室内飼いのメリット・デメリットを知ろう

 

今では愛犬を室内で飼うのは一般的なことになって来ています。
犬が住むことを前提に作られたマンションもあるぐらいで、室内飼いは今後も増えて行くでしょう。
室内飼いは愛犬とずっと一緒に居られるので良いことのように思えます。

 

しかし、どんなことにも反対の側面は存在しているのです。
ここでは室内飼いのメリットとデメリットについて触れてみたいと思います。

 

室内飼いのメリット

室内で飼うメリットはたくさんあります。
まず、屋外よりも気温が安定しているので寒暖差のストレスがかかりにくいです。
そのため屋外で飼うよりも基本的には長生きする傾向にあります。
また、ノミやダニの被害を受けるリスクも大幅に減るため健康上も良い効果があるでしょう。

 

他にも、室内飼いだとずっと身近で愛犬を観察できるので、異常を見つけやすいというメリットがあります。
怪我や病気などにいち早く気付けるのは非常に素晴らしいことです。
コミュニケーションも取りやすいので信頼関係が強くなるのもうれしいポイントです。

 

さらに、犬は群れの中で集団生活する習性を持っています。
なので室内で家族の中で過ごすのは犬にとっても性に合っている過ごし方だと言えます。

 

室内飼いのデメリット

逆にデメリットとしては抜け毛により室内が汚れるようになってしまう点です。
掃除すれば済む話なのですが、中には抜け毛が原因でアレルギー症状を出してしまう飼い主も居ます。
小まめにブラッシングをしてあげたり、掃除をしたりすることで解消出来る問題ですが、デメリットには違いありません。

転ぶ犬

 

和室であれば問題ありませんが、フローリングの部屋で愛犬を飼う場合は骨折に注意する必要があります。
犬はフローリングだと踏ん張りが利かず、転んで骨折してしまうことがあるのです。

 

関節への負担も大きく、炎症を起こしてしまうケースもあるのでカーペットを引くなどの対応をすると良いでしょう。

 

最大のデメリットは、エサを食べ過ぎることによる肥満です。
飼い主が昼食や夕食を食べる際に、犬にエサをねだられて与えてしまうことがあります。
そうしたつまみ食いが原因で肥満になってしまうのも、室内飼いならではのデメリットです。
愛犬の健康管理には十分注意しましょう。